歴史研究・古典

タイトル

著者名

本体価格

サイズ

江戸城・三大刃傷
(えどじょう・さんだいにんじょう)

和田 正道わだ まさみち)

 1,457

46判(220p)

織田・豊臣・徳川に渡る武士社会の交流と、江戸城における刃傷事件の真相をときあかし、審美学で語れぬ武士道の真髄をさぐる。

歴史天皇百人像

戀塚 稔こいづか みのる

 1,942

46判(233p)

日本国民にとって皇室とはどんな存在であったのか。神武から今上に至るまでの125代にも及ぶという天皇なる人物が人となりで、どう行動したのか。和歌との関わり合いはどうであったのか。

百人一首21人のお姫さま

戀塚 稔こいづか みのる

 1,748

46判(300p)

『小倉百人一首』女流歌人の作品21首を軸に現代語訳・修辞法・かるたの取り方・作者の略伝を付し、作品の本質と人間像に鋭く迫っている。

昭和子一代

高橋 光男たかはし みつお

1,900

A5判(360p)

大衆文化の花開いた昭和初期から一転、戦争に突入し、終戦後の奇跡の復興を成し遂げた激動の時代「昭和」を市井の人々の視点から再検証し、昭和に生きた者達の歴史を描く。

田沼の改革 
江戸時代最大の経済改革

関根 徳男 せきね とくお

 1,000

B6判(184p)

閉塞した時代、因習を破った積極的な経済改革を行なった田沼意次。しかし、時代はそれを許さず賄賂政治家の悪名をもとに改革を葬り去った……。現代の視点から再評価した一冊。

邪馬台国は九州だよ〜ん

堂本 ヒカル どうもと ひかる

 1,200

46判(192p)

「魏書」「偉人伝」等の資料を斬新な視点で再検証し、古代史の常識を覆す大胆な分析推理を行なった古代史ミステリーファン待望の書。

旗本の経済学
御庭番川村修富の手留帳

小松 重男(こまつ しげお)

 1,500

46判(272p)

徳川将軍直参の旗本川村修富の備志録「手留」を通じて御庭番筋のサラリーマン武士社会の実態を克明に掘り起こした歴史資料解読本。

詩経 新編 上
愛と祝いの詩集

中田 昭栄(なかた しょうえい)

 2,000

46判(424p)

詩経 新編 中
日々と祖霊と王

中田 昭栄(なかた しょうえい)

 2,000

46判(368p)

詩経 新編 下
悲しみの詩集

中田 昭栄(なかた しょうえい)

 2,000

46判(528p)

儒教的に世界観にその本来の精神を拘束された「詩経」の思想的楔を外し、現代に通じる自由な人間性を謳歌する「詩」として蘇らせた新解釈。

忘れられた上代の都
「伊都国日向の宮」

石井 好(いしい よしみ)

1,500

A5判(176p)

卑弥呼は天照大神である!独自の実験・検証を工夫して証拠を提示し、古代史の枠組みを激変させる可能性を秘めた歴史研究書。

黄金比の世界
美しき神々の座

堀江 洋之(ほりえ ひろゆき)

1,200

46判(224p)

古墳・神社・霊峰を結ぶ線には謎が隠されている…。「神の比例」と呼ばれた「黄金比0.618」に秘められた太陽神信仰を、大胆な推理と緻密な計算で解明する古代研究書。

大伴家持

太田 光一(おおた こういち)

 1,500

46判(256p)

名門大伴家の首長、また万葉集の中で最も多くの歌を収載されながら、未だ謎に包まれた大伴家持。政治と歌道に翻弄された彼の生涯を膨大な資料を元に掘り起こした研究の書。
第2回「古代ロマン文学賞」研究部門優秀賞受賞作品。

世阿弥

太田 光一(おおた こういち)

 1,800

46判(288p)

能を芸術として確立させた世阿弥の芸能論とその人生を丹念に考察した書。
第5回「歴史浪漫文学賞」特別賞受賞作品。日本図書館協会選定図書。

持統万代集 
  −万葉集の成立

太田 光一(おおた こういち)

 1,500

46判(208p)

『万葉集』は持統天皇の皇統原論として始まった。『万葉集』成立の謎に迫る大胆にしてユニークな万葉成立論。

超古代史 壬申の乱
大海人皇子の陰謀

堀越 博(ほりこし ひろし)

 1,500

46判(240p)

大海人皇子は天智天皇の弟ではなかった……。大化改新から壬申の乱へと続く天皇家を巡る激しい争いに隠された謎を、「古事記」「日本書紀」から大胆に解釈した研究の書。第2回「飛鳥ロマン賞」受賞作品。

アメリカはどこへ行く
-覇権主義の源流-

槐 一男(えんじゅ かずお)

 1,600

46判(224p)

圧倒的力を背景に政治・経済・文化のあらゆる面で世界を支配しようとする超大国アメリカ。その覇権主義思想の源流を読み解く歴史解説書。

朝日の直刺す国、
    夕日の日照る国
-古代の謎・北緯35度21分の聖線-

池田 潤(いけだ じゅん)

 2,000

A5判(296p+カラー折り込み1頁)

日本の聖地のネットワークと日の出日の入りを繋ぐ線との関わりを、緻密な解析で実証し、古代人の太陽信仰に迫った研究書。第3回「古代ロマン文学賞」研究部門優秀賞受賞作品。

海と周辺国に向き合う
日本人の歴史

-飛鳥の将軍・阿倍比羅夫/中世の海と松浦党-

真島 節朗(ましま せつお)

 1,500

46判(280p)

今まで謎の多かった飛鳥の将軍・阿倍比羅夫について大陸との関係という新たな視点からスポットを当てた研究の書。第1回「古代ロマン文学賞」研究部門優秀賞受賞作品。

じょんのび村今昔

大塚 恒吉
(おおつか つねきち)

 1,200

B6判(200p)

沈黙の中に歴史を語る石仏、松之山街道を歩いた名も無き旅人、弁慶縞に願いを込めた乙女、鯖石川の瀬違いに命を懸けた男。新潟県・高柳、豊かな自然と共生する陰徳の先人たちから生きる力を学ぶ郷土史書。

日本国の基底構造を探る(略史)

中島 昇(なかじま のぼる)

 1,000

B6判(64p)

国家は人間の生存欲と支配欲とのせめぎ合いにより構築されたという観点から、日本国の統治と国民性の正体を暴いたユニークな史論。

安曇族

龜山 勝(かめやま かつ)

 1,800

46判(280p)

水田稲作・養蚕・金属器を渡米させ日本国の基礎を築き、縄文から弥生時代への橋渡しをした海人・安曇族。中国、古代日本列島を舞台に、海と生きた彼らの実体を紐解く研究の書。

データで考える 日本の源流

中尾 靖之(なかお やすゆき)

 1,200

46判(224p)

わたしたちはどこから来たのか?卑弥呼、倭の五王、ワカタケルとオワケ……。稲荷山古墳から出土した金の錯銘剣に刻まれた文字と歴史人口データが導く南方渡来の倭人像。

大卑弥呼女王

丸山 重夫(まるやま しげお)

 1,500

46判(280p)

東遷は倭国の大乱なしで成り立ち得なかった。神霊から神へ、観念の変革が日本の歴史を動かした……。弥生時代と古墳時代を結ぶ邪馬台国の謎に真っ向から取り組んだ歴史研究書。

大江山の鬼とふるさと
-その小論とエッセイ-

宮本 正章(みやもと まさあき)

 1,200

46判(184p)

坂田金時など四天王を従え酒呑童子を征伐した源頼光の英雄譚の成立過程を、絵詞や地元に残る伝承を基に紐解くとともに大江山麓集落の昭和の原風景を詩情豊かに描き出した一冊。

酔狂源氏物語

竹林 俊浩
(たけばやし しゅんこう)

 1,200

46判(160p)

いつまでも色あせぬ「平安貴族」の世界へ。「桐壺」から「夢浮橋」までの五十四帖、源氏と薫君、そして彼らを取り巻く女たちの生活習慣、時代背景、恋愛観を酔狂に解説した書。

櫛の文化史

太刀掛 祐輔
(たちかけ ゆうすけ)

 1,200

46判(104p)

縄文時代から神に仕えるものの表象として神聖視され、装身具として美の追求の象徴でもあった櫛・笄・簪。歴史的・文学的見地から浮かび上がった髪飾りと日本人の関係を探る書。

一筆啓上 家康と鬼の
本多作左衛門

横山 茂
(よこやま しげる)

 1,500

A5判(336p)

「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」日本一短い手紙で有名な徳川家康家臣、鬼の本多作左衛門の人物評伝。日本図書館協会認定図書。

信長、謙信、信玄の力量と、天皇が支持した信長の「布武天下」

M田 昭生
(はまだ あきお)

 1,500

46判(320p)

戦国の英傑が残した書簡をもとに時代を読み解き新たな信長像を打ち立てた意欲作。
第8回「歴史浪漫文学賞」優秀賞受賞作品。

カエサルの置手紙 

糟谷 證(かすや あかし)

 1,500

46判(232p)

古代ローマ帝国の英雄カエサルが一夜限り蘇り、ガリア戦記に記された史実の裏側を独白する物語と歴史紀行。

元禄・正徳期の御大老
井伊直興と直該

山上 降太
(やまがみ こうた)

 1,500

46判(296p)

綱吉・家宣の治世に二度大老職に就いた井伊直興。その歴史の裏に秘められた真実とスピリットを検証した書。

西郷隆盛
〜皇御国に馳せる夢〜

乗附 久(のつけ ひさし)

 1,000

46判(168p)

西郷隆盛の描いた皇国像を検証し、自らの死を貶めた西南の役の真相を抉りだす。第9回「歴史浪漫文学賞」研究部門優秀賞受賞作品。

天皇
−この大いなる『幻想』−

宇治 琢美(うじ たくみ)

 1,000

46判(164p)

天皇の「不本意な自分史」及び、天皇を巡る「幻想」とその終焉を、意味の世界で探る。

須佐之男の原像

田中 俊一郎
(たなか しゅんいちろう)

 1,000

46判(248p)

記紀の中で虐げられた評価をうける古代出雲の英雄の足跡を検証した古代研究書。
第10回「歴史浪漫文学賞」研究部門優秀賞受賞作品。

※書籍は品切れになりますが、amazonで電子版(800円)を販売しております。

石垣島唐人墓の研究
〜翻弄された琉球の人々〜

田島 信洋(たじま しんよう)

 1,500

46判(244p)

江戸の末期、琉球国で起こった中国人労働者のアメリカ移送船難破事件の真相とその後の歴史研究の問題点を解析する。

善光寺に五重塔を!
〜明治期再建運動の全貌は夜明け前の一里塚〜

中村 仙之助
(なかむら せんのすけ)

 2,000

A5判(384p)

明治期、善光寺に五重塔を奉納しようとした男たちの多いなる挑戦と挫折。歴史の闇に葬り去られた記録を検証する。

改訂版 八丈島の戦史

山田 平右エ門
(やまだ へいえもん)

 1,200

A5判(296p)

島民の強制疎開と疎開船の撃沈、八丈守備隊駐留と人間魚雷「回天」の配備、忘れてはならない島の戦史を纏めた一冊。

桶狭間合戦の真相
〜中島砦発にして用意周到・機略に満ちた奇襲戦だった〜

渡辺 文雄
(わたなべ ふみお)

 1,600

46判(256p)

現在主流となっている正面衝突戦論を否定し、新たに信長の勝因は孫子の兵法「正に合し、奇を以て勝つ」「迂直の計」を組み合わせた「二面(直迂)奇襲戦」と言う結論を様々な古文書から紐解いた研究の書。

歴史の小径 信濃から
〜夕陽小論集〜

飯島 究(いいじま きわむ)

 1,200

46判(272p)

信濃の名の由来とは? 科の木説、風神シナ説、級坂説、河岸段丘説など諸説を分析しつつその真相に迫る。長野県の歴史を考察する一冊。日本図書館協会選定図書。

日本の歴史と足尾銅山の光茫

高山 憲行
(たかやま のりゆき)

 1,200

46判(184p)

足尾銅山の繁栄と近代化による鉱毒問題から、日本の近代化の原理と特徴を読み解く。

菅原道真の古代日本論
-独白する日本書紀と万葉集の虚構‐

武井 敏男(たけい としお)

 1,600

46判(262p)

日本書紀・万葉集に埋め込まれた古代日本・九州王朝(倭国)の痕跡を読み解いた菅原道真の独白手記を通して倭国の真実に迫る。第15回「歴史浪漫文学賞」研究部門優秀賞受賞作品。

丘と岡が明かす天孫降臨

白ア 勝(しらさき まさる)

 1,800

A5判(310p)

古代人が山名に託した建国の記録。九州に残る丘と岡を辿ることで天孫降臨の足跡と事象を解読する古代研究の書。

人麻呂の暗号と偽史「日本書紀」
〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜

園田 豪(園田 豪)

 1,800

A5判(432p)

北魏系中国人による日本乗っ取りを正当化するために藤原不比等が作らせた偽史『日本書紀』と『万葉集』に潜む謎を解読する評論集。

さあ、信長を語ろう!

天美 大河(あまみ たいが)

 1,000

46判(136p)

慣例にとらわれず、合理的な手段で改革を進める型破りな組織のリーダーや経営者の姿として、日本人の精神の中にその姿を見せる信長の秘密に迫る。